女性の転職

【転職面接】一度もスーツを着ずに内定。実際の服装やインナー、髪型メイクなど【女性】

新卒時の就職活動ではスーツを着ることが一般的でしたが、転職の場合、現職もあるので毎日スーツを着るのが難しいことも。

私の場合、転職活動では一度もスーツを着ませんでした。

しかし、どの企業でも問題なく選考に進めることができていたので、今回は、実際に私が着ていた服装、髪型、メイクなどの身だしなみや、選び方のポイントについてお話したいと思います。

服装だけで面接に落ちることはない

転職活動中は、転職エージェントを3つ併用していたので、服装について相談したこともありました。

すると、「基本的にはオフィスカジュアルであれば構わない」とのことだったので、それに習って「スーツに近い」服装で面接に臨んでいました。

また、残念ながら内定をいただけなかった企業でも、基本的に二次面接まで問題なく進めていたので、女性に関しては「スーツを着ていないから落とされる」ということはないかと思います。

新卒時の就職活動だと、リクルートスーツを着るのが一般的なので、1人だけラフな服装をしているとそれだけで浮いてしまうこともありました。

しかし、転職活動においては、最低限マナーを守っていて、失礼でない服装でなければ選考に響くことはないと考えて大丈夫だと思います。

もし、不安であれば事前に担当のエージェントの方に確認してみてください。

私が実際に転職活動中に着ていた服装

オススメはユニクロのレーヨンエアリーブラウス

・ユニクロ / レーヨンエアリーブラウス

・GU / ネイビーの膝丈スカート

・ストッキング

・黒パンプス

・ネイビーのトート

私が転職活動をしていた時期は夏でとても暑かったので、このような服装で面接に臨んでいました。これにジャケットを羽織ろうものなら、暑さでダウンしていたと思います…

ユニクロのレーヨンエアリーブラウスはアイロンをかける手間もいらず、薄手で持ち運ぶのも苦にならないので1枚持っておいて損はないです。長袖のものも売られているので、気候によって使い分けてください。

私は面接のある日にはこのブラウスを畳んでバッグのなかに入れ、現職退社後にサッと着替えて面接!というパターンが多かったです。

インナーはユニクロのブラトップを

また、ブラウスを着るときに気をつけてほしいのが「インナー」。服装は面接には響かないと言えど、下着が透けていたら品がない印象を与えてしまいます…。

オススメなのはユニクロのブラトップ。ベージュを選べば透ける心配もありません。

「清潔感のあるもの」という点においては新卒での就活も転職も変わりないので気をつけたいところです。

髪型はガチガチに固める必要なし

髪の毛は後ろでまとめ、下のほうで一つに結んでいました。

前髪も特に固めたりせず、そのままです。

新卒のときは、「一糸乱れてはならぬ」という感じで前髪もワックスやスプレーでガチガチに固めていたのですが、逆にそこまでやってしまうと「新卒感」が出てしまって違和感を与えてしまうことも。

なので、ショートやボブの方はそのままの髪型で、長い方は一つに結んでおくのがオススメです。

もし、ショートやボブの型でお辞儀の際に髪の毛がバサッと乱れてしまうのが気になる方は、ピンを耳の上あたりに仕込んでおくと、顔に髪がかからないので良いかと思います。

また、髪色ですが、私の場合は黒髪にせず、茶髪のまま面接に臨んでいました。金髪や派手髪の方はトーンを落とすのが無難かもしれません。

黒髪が必須ではありませんが、暗めな色が望ましいかと思います。髪の毛の色が抜けていたり、プリン状態だと不潔なイメージを与えてしまうこともあるので、染めるなら綺麗に染めていきましょう!

メイクとカラコンはナチュラルであれば問題なし

私は普段からカラコンを使用しているので、転職活動のときもワンデーアキビューのヴィヴィッドスタイルを普通に着用していましたが問題ありませんでした。

もともと目力が強い人には必要ないかもしれませんが、むしろ目力がない人にはカラコンを使ってみるのもひとつの手だと思います。

また、メイクもナチュラルであれば問題ありません。

逆に、すっぴんだと「清潔感がない」と思われてしまう場合があるので、メイクが苦手でも最低限肌を整え、リップとチークはつけていきましょう。

メイクが苦手な人にオススメなのがコフレドール スマイルアップチークN 04 コーラルベージュとオペラティントオイルルージュ 05 コーラルピンク。

どちらもメイクの技術がなくてもひと塗りで血色感がアップし、健康的で明るい印象を作ることができるのでオススメです。

清潔感のある服装で面接に臨もう

「私服でいいですよ!」と言われたら逆に混乱してしまう、という方も多いかもしれませんが、大事なのは「スーツ」か「私服」かという問題ではなく、「清潔感」。

正直、額に汗を浮かべながら頑張ってスーツでやってくるよりも、爽やかに私服で着たほうが印象が上がるかと思います…。

今はユニクロやGUで安価に清潔感のある服装を用意することができるので、リクルートスーツがなくても焦らずに、コーディネートを組んでみてください。

ABOUT ME
奈月
奈月
学生時代、就職活動で失敗。50人規模のメーカーに入社後、1年半で大手ベンチャー企業へ第二新卒として転職。その後、社内転職を経て現在副業を2つ掛け持ちするパラレルワーカーへ。100人以上のキャリア・転職相談にのる。