お悩み相談室

やりたい仕事 VS 金銭的に安定した仕事 どっちを取るべき?

こんにちは、奈月(@cutiecutiey)です。

今回の相談者さんからのお悩みは、『やりたい仕事と金銭的に安定した仕事、どちらを取るか』というものです。

相談者さんについて

【年代】 20代後半
【社会人歴】 4年3ヶ月
【特に解決したいこと】 正社員の辞め時とその後の仕事

キャリアのお悩み

相談者さん
相談者さん

私は今3つの選択肢の中で迷っています。

①今すぐ現職を辞めてライターのアルバイトを探す
②あと数年続けて退職して、ライターのアルバイトを探す
③現職を続ける

大学院卒業後、化粧品会社に研究員として就職しました。

学生時代からやりたかった仕事だったので、とても仕事が好きでした。3年半勤めた後、結婚を機に遠方に引っ越すことになり、転職し現職である小さな事務所のアシスタント事務(正社員)になりました。

家庭の事情により住む場所が決まっていたので、そこから通勤可能な仕事というのが転職の条件でした。今後の生活や夫の意向も考慮し、通勤1時間以内、土日休み、転勤なしの仕事を探しました。

化粧品の研究員を希望していましたが、通勤範囲内に求人がないため未経験でもできる職種に切り替え、現職に至りました。

現職場は人柄の良い方ばかりで、残業なし、有休も取りやすく、事務職の中では給料も良い方です。恵まれた環境であることは理解しているのですが、仕事量が明らかに少なくやることがない時間が多くて困っています。

もちろん自分から仕事を見つけようと思い、自分なりに工夫はしました。掃除をしたり、「何かやることはありませんか?」とまわりの人に聞いたり、エクセルの勉強をしたり・・・でも徐々にそんな気力もなくなってしまいました。それで給料がもらえるのだから、贅沢な悩みであることは理解しています。

しかし、毎日「今日は何をして時間を潰そうか」と考えながら仕事に行くことが苦痛になってしまいました。

また、これまで電車通勤をした事がなかったため、電車での通勤も苦痛になってきました。嫌だなあと思いながら過ごしている時間がもったいなくて、退職を考えるようになりました。

しかし、来年には子供が欲しいと考えているので、今このタイミングで正社員への転職は考えておりません。さらに引っ越しにより職を失った経験も考慮し、どこでも働けるようになりたい、通勤時間を短縮したい、子供が出来ても家庭と両立したいと思い、在宅でできる仕事に興味を持ちました。

その中でもWebライターという仕事に興味が沸き、やってみたいという思いが強くなりました。業務中の暇な時間を利用してブログを始めたり、クラウドワークスを少しやってみました(副業禁止なのでばれない程度に)。

文章を書く事が面白いと感じたのでWebライターとして働きたいと思うようになりました。まずは、フリーランスではなくアルバイトでライターの経験をしたいと思っています。理想は、はじめのうちは出社、慣れてきたら在宅というスタイルです。

しかしこの選択をすると一時的かもしれませんが確実に収入が減ります。

夫は私の考えに理解は示していますが、金銭面に関して心配しており、せめて産休・育休を取るまで現職を続けて欲しいと言っています。夫の言いなりになるつもりはありませんが、将来のことを考えた上での意見ですし大切な家族なので無視したくないです。

要はやりたいと思う事をやるか、金銭的安定をとるか、という選択だと思いますが、どちらも選べすにいます。

まだ奨学金の返済も残っておりますし、金銭的不安がストレスになる性格なので、余計に迷ってしまいます。独身時代のように自分のことだけを考えているわけにはいかないので、様々な状況を考慮し現実的に自分や家族が一番たのしく暮らせる方法を模索しています。

何かアドバイスがあれば、よろしくお願い致します!!

奈月
奈月

個人的にはご主人の言うように、「産休・育休」を取るまでは現職を続け、副業でライターをやることをオススメします。

確実にお金を稼ぎながら、ライターとしてのスキルを磨いていくんです。

副業禁止、とのことですが法律というより社内就業規則だと思うので、一度掛け合ってみてはいかがでしょうか…? 私の友人はそれで副業解禁されていました。そんなケースもあります。

あとは、20万円までなら稼いでも会社にバレることはないというのと、20万円以上なら確定申告時に「住民税に関する事項」の「住民税徴収方法の選択」の項目を「自分で納付」を選択して普通徴収にすれば会社に通知がいかないのでバレることはありません。

一度そこまでやってみて、バレたらバレたで改めて辞めることを視野に入れてみても遅くはないかと思います。

アルバイトもやることや時給を考えるとクラウドワークスとあまり変わらないような気がしてくるので、本業をやりながら育てていき、単価を上げていくのが近道のような気がします。

相談者さん
相談者さん

お返事ありがとうございます。

具体的なアドバイスを頂けて、今後の事が少しずつはっきりしてきました。
こういう相談をすると、迷ったらすぐ行動、とか辞めたいなら辞めれば良い、というような現実的事情を無視した綺麗事が返ってくるのではないか、と少し心配していましたが、個人の事情を考えたとてもご丁寧な回答を頂けて大変助かりました。

副業禁止の件は、自分でも色々と調べました。

できるだけの対策をして、バレたら辞めようという覚悟を持ってやろうと思います。おっしゃる通り社内就業規則で副業が禁止されているのですが、法律ではないとはいえ規則違反になるのでそれくらいの覚悟は必要だと思ったからです。

アドバイス通り、今すぐに辞めるのではなく会社員であることを利用して、クラウドソーシングでライティング実績を積んでいきたいと思います。

なんとなくですが、在宅ライターになるための目標も見えてきました。現職を辞めるまでにあといくら貯金する、クラウドソーシングで月いくら稼げるようになる、このような目標を設けてあと少し会社員を頑張っていこうと思います。

奈月様のおかげで前向きに考えることができました。ありがとうございました!

転職・キャリアに悩んでいる方へ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

本サイトでは、LINE@にて無料で転職・キャリア相談を受け付けています。

 

  • 身近に悩みを相談できる人がいない
  • 今の状況で転職をしていいのかわからない
  • 転職したいけど、転職エージェントはハードルが高い

 

そんなご自身のキャリアや生き方について悩んでいる方へ、「身近な相談相手」として利用していただければ幸いです。

ぜひお気軽にご相談ください。

 

お悩み相談はこちら

 

【20代・第二新卒】リアルに使った!おすすめ転職エージェント・転職サイト転職をするにあたり、重要なポイントとなってくるのが「転職サイト」と「転職エージェント」。 うまく使いこなせば転職活動を大いに助けて...
ABOUT ME
奈月
奈月
学生時代、就職活動で失敗。50人規模のメーカーに入社後、1年半で大手ベンチャー企業へ第二新卒として転職。その後、社内転職を経て現在副業を2つ掛け持ちするパラレルワーカーへ。100人以上のキャリア・転職相談にのる。