奈月の紹介

【体験談】第二新卒で大手企業に転職成功。月収が20→30万になった話

こんにちは、奈月(@cutiecutiey)です。

現在私は、美容系の発信をする傍ら、大手企業にてクリエイティブまわりの仕事をしています。

月収は、26歳で40万円ほど。「月収100万円!」みたいな夢のある話ではありませんが、平均よりは少し高めの給料で、安定した生活を送っています。

その傍らで、自身の転職や社会人経験を元に、LINE@で転職やキャリアにまつわる相談などに乗っています。

しかし、今でこそそんな生活を送っていますが、実は私は、新卒の就職活動に失敗しているんです。

今回は私が、スキルなしで第二新卒転職で子会社から大手企業へ這い上がり、月収を10万円ほど上げたお話をします。

[toc]

新卒の就職活動で失敗。適当に会社を選ぶ

大学時代、そこまで意識の高くなかった私は、必死に就職活動をする同期たちを尻目に、割と適当に就職活動をしていました。

当時は特にやりたい仕事もなく、またどういった基準で仕事を選んでいけばいいのかがわからなかったこともあり、「ホワイト企業ならどこでもいいか」なんて楽観的に考えていたのです。

受けた会社は10つほど。最終的に3つの企業から内定をいただき、そのなかからもっともホワイトな企業を選びました。

・転勤なし

・新卒月収20万円

・完全週休2日制

・年間休日120日以上

・有給消化率100%

そんな、当時では珍しいくらいにホワイトな企業に就職を決めました。

社員数は50人ほどの小さな会社でした。

「やり甲斐」と「将来性」に悩み転職を決意

しかし、そんなホワイト企業でも1年ほど働くなかで「本当にこれでいいのだろうか」と悩むようになりました。

ワークライフバランスはたしかに素晴らしく、人間関係も良好で、身体的に何ひとつ負担になることはなかったのですが、働いていくなかで下記のような不安が出てきたのです。

・将来を考えられない

・スキルが身につかない

・やり甲斐を感じられない

・自分を活かしきれていないような気がする

列挙してみると、なかなか贅沢な悩みにも聞こえます。

しかし、当時の会社では、連絡事項はすべて紙に印刷し、回覧していくスタイルだったり、日報もすべて手書き、クライアントとのやり取りはFAX…というかなりアナログな会社でした。

そんな環境で働いていると、デジタル化が進む世の中で、「アナログ以外で何もできなくなってしまうのではないか」という気持ちになってきたのです。

一方で、私はパソコンが得意だったので、日報のデジタル化をはじめ、クライアントに営業をする際も電話などではなくメールマガジンを配信する、というようなスタイルを取り入れて自分なりに工夫していました。

それをやるなかで、もっと自分の「得意」を活かせる場所があるのではないか、と考え始めたのです。

また、給料面や環境がすべてで、「やり甲斐」というのも軽視していましたが、毎日仕事をするにあたって、「やり甲斐」がないというのはモチベーションがないことに等しいです。

要するに、仕事を「仕事」として割り切ることができず、「つまらない」と感じるようになってしまったのです。

第二新卒の転職に2ヶ月で成功

そして社会人2年目の夏、私は転職活動を始めました。

複数の転職エージェントに登録し、面談を重ねながら企業を紹介していただき、私も個人で企業を探しては応募をしました。

最終的に、2ヶ月間で受けた会社は12社で、内定は5社からいただきました。

しかも、新卒では到底入ることのできなかったような大手企業に、まったくの未経験で入社することができたのです。

第二新卒は「経験がない」「根性がない」という理由で不利だ、というネットの意見もありいましたが、そんなの全然関係ない、と思えた転職活動でした。

そこから私は新しくキャリアを積んでいき、現在では本業で働く傍ら、本業で培ったスキルを使って副業にもチャレンジしています。

新卒で入った会社も嫌いではありませんでしたが、正直あのまま働いていたら、今のような自分にはなれなかっただろうな、と思います。

「転職」は悪いことではない

日本人は真面目な人が多いので、新卒で入った会社をすぐに辞めたら履歴書に傷がつくんじゃないか、と考えたりします。

自分が抜けることで、穴が開いてしまうのではないか、迷惑なのではないか、と不安で辞められない人からのご相談もたくさん受けます。

しかし、私にしてみれば、その悩んでいる時間がすでにもったいないです。

「転職したい」という考えが頭に浮かんだということは、自分と会社の何かしらが「合わない」ということ。

その気持ちを隠したまま働いても、どうせまた数年後にはひょっこり顔を出してきますし、そんな思いで働いても全然楽しくないです。

むしろ、そうして働くことで鬱になってしまう人もいます。

私も、新卒の会社では、死にたくてたまらない夜もありました。

どうしてこんなにもホワイトな環境で働いているにも関わらず、心にぽっかりと穴が開いたような心地がするんだろう、と悩みました。

このブログは、そんな、転職やキャリアに対するモヤモヤを抱えている人の気持ちをちょっぴりでも後押しできるようなものになれば幸いです。

LINE@でも無料で相談に答えているので、どうぞお気軽にご相談ください。

(返信が遅れてしまうこともあります。ご了承ください。)

 

ABOUT ME
奈月
奈月
学生時代、就職活動で失敗。50人規模のメーカーに入社後、1年半で大手ベンチャー企業へ第二新卒として転職。その後、社内転職を経て現在副業を2つ掛け持ちするパラレルワーカーへ。100人以上のキャリア・転職相談にのる。