オススメ転職エージェント

【20代・第二新卒】リアルに使った!おすすめ転職エージェント・転職サイト

転職をするにあたり、重要なポイントとなってくるのが「転職サイト」と「転職エージェント」。

うまく使いこなせば転職活動を大いに助けてくれますが、微妙な転職エージェントを選ぶと「あなたに紹介できる企業はありません」と言われてしまうことも…

 

奈月
奈月
私も言われたことがあります…

 

今回は、私が使ってみたなかで、オススメの転職エージェントをご紹介したいと思います。

転職サイトと転職エージェントの違いとは?

ややこしいのですが、転職サイトと転職エージェントは少し違います。

 

転職サイト

企業が広告として掲載している求人情報を自分で検索し、自分で応募ができるサービスのこと。

自分のプロフィールを登録しておくと、企業からオファーやスカウトメールが届くことも。

転職エージェント

登録すると、キャリアアドバイザーから直接カウンセリングを受けることができ、最適な求人企業を紹介してもらえるサービス。

基本的には無料で使え、求人探しから面談を含め、内定するまでサポートしてくれます。

 

私は、この2つを併用することをオススメしています。

なぜなら、転職サイトには掲載されていないような企業を転職エージェントが紹介してくれることもあれば、逆も然りだからです。

もし、気になる職種があれば登録することで、新着求人があったときに通知メールを送ってくれるサービスがどの転職サイトにもついているので、転職活動中は小まめにチェックすることをオススメします!

オススメの転職エージェント

実際に私が使ってみたなかで、これは自信を持ってオススメできる!と思ったエージェントをご紹介します。

リクルートエージェント

公式HP:https://www.r-agent.com/

定番ですが、やっぱり頼りになるのがリクルートエージェント。業界最大手だけあって、自分の視野にはなかったような企業を幅広く紹介してくれます。

初回の面談では1時間以上かけてじっくりと話を聞いていただき、涙が出そうになりました。

マニュアルがかなりしっかりしており、具体的な転職スケジュールを立ててくれたりと、右も左もわからない人にもオススメしたいエージェントです。

 

また、個人的に嬉しかったのが無料で受けられる面接サポート。

新卒採用での面接と、転職での面接は少し毛色が異なります。学生時代は「学生時代に頑張ったこと」などをアピールするのに対し、転職では、今までのキャリアや、自分が新しい会社でどのように活躍できるのかを具体的に話す必要があります。

そんな基本的なことが学べる講座に無料で参加できるので、それだけでも登録して良かったな、と思える転職エージェントでした。

ただ、紹介企業がかなり幅広いので、自分のなかでしっかりと軸を持って、取捨選択をすることが大事です。

エンエージェント

公式HP:https://enagent.com/

「まだ特定の仕事は決まっていないけれど、こういうことがしたい」と言う私の曖昧な要望を汲んでくれ、最初の面談で16社も提案してくれたのはエンエージェントでした。

希望を伝えると、それに沿った企業を、ゴリ推しすることなく紹介してくれます。

電話での進捗確認や面談のフィードバック、職務経歴書やエントリーシートの添削までかなり丁寧にやっていただいたので、転職経験がなくて不安な方や、第二新卒の方に特にオススメしたい転職エージェントです。

オススメの転職サイト

リクナビNEXT

公式HP:https://next.rikunabi.com/

転職者の8割が登録しているという鉄板の転職サイト。

エージェント同様、求人数がとにかく多いので、登録しておいて損がないです。

個人的にものすごく便利だったのが、『openES』という「履歴書」と「職務経歴書」をオンラインで無料作成できるツール。

しかも、WordとExcelに出力することができるので、2つとも、一度完成させてしまえば、リクナビ以外での応募にも利用することができます。

他にも、リクナビには「スカウトメール」機能があり、非公開求人からオファーをいただくことも。自分で応募するよりも、スカウトされたほうがマッチングする確率も高くなるので利用することをオススメします。

個人的には1番使い勝手が良い転職サイトでした。

Wantedly(ウォンテッドリー)

公式HP:https://www.wantedly.com/

ベンチャー企業や、クリエイティブな職種への転職を考えている方にオススメしたい「ビジネスSNS」。

少人数のところだと、5人ほどのスタートアップなどの求人が多いですが、なかにはサイバーエージェントなどの大手企業も。

メディア運営やVR・ARの開発など、クリエイティブな領域に携わりたい人にはワクワクするような求人が多く、ベテランというよりは第二新卒や20代の若手を欲しがっている企業が中心です。

「話を聞きにいく」という選択肢もあるので、興味のある方は話を聞くだけでもオススメです。

転職エージェントを併用し、自分にあうものを探そう

実は、転職エージェントは今回ご紹介したもの以外にもいくつか利用しましたが、イマイチぱっとせず…。

なかには、『第二新卒専門』と謳いながらも、「未経験だと厳しいです」と電話口で言われてしまったり、わざわざカウンセリングに足を運んだにも関わらず、何も紹介してもらえなかったこともあります。

はじめての転職だと、そこで心がボッキリ折れてしまうこともあるかもしれません。

なので、転職エージェントは必ず複数利用するようにしてください。

また、今回私がオススメした転職エージェントでカウンセリングを行ってみても、もしかしたら相性の悪い人に当たってしまう可能性もあります。

その場合、ズルズルとその人に向き合うのではなく、思い切って相談して担当を変えてもらうなど、臨機応変な対応が必要です。

転職エージェントは、二人三脚で転職の後押しをしてくれる心強い存在ではありますが、依存しすぎると、知らぬ間に言葉に惑わされて望まぬ企業との面談をセッティングされてしまうこともあります。

依存しないためにも、複数の転職エージェントと転職サイトをうまく利用しながら、自分にとってベストな転職をしましょう!

ABOUT ME
奈月
奈月
学生時代、就職活動で失敗。50人規模のメーカーに入社後、1年半で大手ベンチャー企業へ第二新卒として転職。その後、社内転職を経て現在副業を2つ掛け持ちするパラレルワーカーへ。100人以上のキャリア・転職相談にのる。